logo

西洋占星術の解説

ホロスコープを作ったら その1

ホロスコープを作ったら、どこに星があるからこういう性質だ、などを一通り調べると思います。ある程度慣れたら、という前提での話ですが、ぱっとホロスコープを見た時に感じる印象、というのが重要です。

他のサイトで詳しい説明があるので簡単に書くと、

太陽(占星術においては全ての中心)-----獅子座
(感情、気持ち)-----------------蟹座
水星(情報、知識、コミュニケーション、連絡)--双子座乙女座
金星(愛情、恋愛、お金、女性)------------牡牛座、天秤座
火星(パワー、戦い、けんか、スポーツ、男性)--牡羊座
木星(幸運、拡大、膨張)------------射手座
土星(権力、制限、上司)------------山羊座
天王星(発明、突然の出来事、個性的)--水瓶座
海王星(夢、妄想)-----------------魚座
冥王星(刷新(二度と戻らない変革)、磁力)--蠍座
ドラゴンヘッド(縁)
キロン(癒し、トラウマの場所)


守護星については、水瓶座は土星、魚座は木星、蠍座は火星とも考えられます。獅子座は何なんだという風に見えますが、太陽が唯一逆行しない星だというのを考えるとわかりやすいですね(つまり単純)。
火の星座---牡羊座・獅子座・射手座---燃えてます
地の星座---牡牛座・乙女座・山羊座---落ち着いてます
風の星座---双子座・天秤座・水瓶座---臨機応変です
水の星座---蟹座・蠍座・魚座---------しっとり


活動宮-----牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座-----外交的で活発です
固定宮-----牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座-----腰が重い、頑固な星座
変動宮-----双子座・乙女座・射手座・魚座-----柔軟で、気分屋さん


ハウスは1から12までありますが、12星座に当てはめていけばわかりやすいです。
第1ハウス(自分)-----牡羊座の性質
第2ハウス(自分で稼ぐお金)-----牡牛座の性質
第3ハウス(情報、兄弟、友人、身近なコミュニケーション、連絡)-----双子座の性質
第4ハウス(家庭)-----蟹座の性質
第5ハウス(子供、創造)-----獅子座の性質
第6ハウス(サラリーマン、事務のような労働、健康)-----乙女座の性質
第7ハウス(対人関係、結婚)-----天秤座の性質
第8ハウス(財産、遺産、他人との共同作業)-----蠍座の性質
第9ハウス(外国、出版、大学、幅広いコミュニケーション)-----射手座の性質
第10ハウス(仕事、キャリア)-----山羊座の性質
第11ハウス(集団)-----水瓶座の性質
第12ハウス(裏側、引篭もり、秘密)-----魚座の性質


人によって印象は変わるでしょうが、12ハウス、4ハウスは引篭もりのハウスと見てます。4ハウス、10ハウスは人生の基盤のハウスとも見れます。
ハウスの右側に星が多い場合は、人からの助けの中で生きていく人が多いようです。職業は、公務員、サラリーマンなど。左に多くなると、自分の力で掴んでいく必要があります。上部に多い人は対外的な活動が多く、下に多い人は、自分の世界を大事にする、家庭の方に重点が行く人でしょうか。

ASCの星座-----その人の性質、外から見た印象が出ます。
火の星座の人は濃い顔の人が多い。乙女座は痩せ型、天秤座はぽっちゃり(に将来なる)など。

MCの星座-----外から見た印象。仕事の方向性。

line

button アスペクトの見方

いいアスペクト⇒トライン(120度)、セクスタイル(60度)、セミセクスタイル(30度)悪いアスペクト⇒スクエア(90度)、オポジション(180度)など。場合に応じて⇒コンジャンクション(0度)他に、150度、カイト、などいろいろありますが、主に上記のもので大丈夫です。星によって悪さ?が異なり、土星は90度が最悪、冥王星は0度、180度が最悪となります。 アスペクトというのは、何がいいと必ずしも決められないところがあります。グランドトラインがある、というのは幸運ですが、見方を変えれば能天気なので、何かの目標に向かって頑張るがむしゃらさがない、絡む星、星座によっては人の気持ちに無神経、とも取れます(一緒にいたら楽しいでしょうけど)。 Tスクエアは悪い、といっても、人の気持ちのわかる細やかな心の頑張りやさん、とも取れます。月や土星、海王星なんかがあると、鬱病に要注意ですが、こういう心の不安定な人は、占いを理解しておくのをオススメします。Tスクエアを癒すには、Tスクエアを補完する人と仲良くするとか、結婚なんかするといいですね。また、ハードアスペクトを持っている人は、幼い頃から鍛えられているので、少しのハードアスペクトに動じなくなるという利点もあります。 トランジットでトラインができる場合も同様。トラインができていても、土星が絡んでたりすると悪い方向に出ることも多々あります。その人のホロスコープの配置による影響が大きいようです。

line

button 星座占いの見方

星座占いにおいて、例えば同じ牡羊座なのに、同じ時期に運勢が悪い人といい人が出ます。これは、太陽の位置は一緒でも他の星の配置が違うため、「いい運勢」の時に最悪の人と最高の人が出るからです。「いい運勢」とは、何かが大きく動く時です。牡羊座で見ているわけですから、牡羊座に星が多かったり、火の星座に星が多い人はその通りにいいことが起きるでしょうが、牡羊座だけど地の星座が強い人は、正反対のことが起きる可能性があります。 その辺を考慮して、自分に合った占いを見つけるのが重要です。

line

button ホロスコープの癖

ホロスコープにはがあるので、悪い時期、いい時期のトランジットを振り返るのも重要です。その人にとって痛いポイントというのが存在することがあります。一回経験するとになっているので、そこに凶星が来る時は前もって注意が必要です。Tスクエアやオポジションを持っている人はわかりやすいのではないでしょうか。あるポイントに、土星がトラインでかかる時最悪、というケースもあります。

Amazon占い本ランキング

★LINK FREE!★

■サイト名

DIVINATION★LINKS
~占いリンク集~

banner

メール

AAA

PR

PR

↑ PAGE TOP